TOPICS(1)

 インテグラR
 埼玉県にお住まいのMさん。ご自身、ご両親ともホンダ社の関係者とのこと、インテグラ用に48φ600gのカーボンノブのご注文を戴きました。
そして装着後、ご自身のHP( http://carlife.carview.co.jp/UserCarPat.asp?UserCarPatID=242786 )へのインプレのアップロードと 当HPとのリンクのご連絡を戴きました。

 その掲載インプレ。

 48φ600gのカーボンノブに、オプションでシフトパターンを埋め込んでいただきました。更にRは赤文字にしていただきました。
純正よりも更にレーシーな雰囲気に。カーボンやっぱり格好いい…♪ あと、純正みたいに冷たくないのが良いですw 夏はきっと、ヤケドしそうにならないのかなぁ。
 シフトフィールですが、激変しました! Nから1速、もしくはRに入れるときはちょっと押し込むような感じだったんですが…
変えてからはスッと吸い込まれるような感じ。600gのウェイトが効いているようです。発注する時はちょっと重いかな?と思ってましたが、全然問題なし。
 いやぁ、換えて良かったです。もう純正には戻れません!

 余った純正、どうしよう…w



 夏場の熱さもかなり軽減されると思いますよ。純正がアルミやチタンならやはり金属無垢の状態ですから掌にはやはり過酷だったでしょうね。

 B4
 山形県にお住まいのTさん、B4にお乗りなのですが、「シフトノブの高さは純正状態を保ちながら球形のノブを希望」とのお引き合いを頂きました。 ノブの全長がかなり長くなるため必然的にノブ脚部のデザインが重要になるため、簡単な試作を行った後に受注いたしました。  商品到着後、ご多忙と思われる大晦日にインプレと画像を送って頂きました。

 今まで純正ノブと社外品ヘビーウエイトを使ってきましたが、いろいろな面で不満があり、自分の希望を簡単にお伝えし、 製作をお願いいたしました。部分的には△が付くところがありますが殆んどの要素においてGoodと思います。
 要素ごとのインプレを画像とともにお送りいたします。





・デザイン:デザインは非常に秀逸だと思います。B4、レガシイ、インプレッサの6Fの場合、ノブ直下の纏まり具合は結構難しいと思われますが、 お願いした「テーパー」のお陰でレバー全体に良く馴染んでいます。
これは好みの問題ですが、シフトパターンはもう少し大きくてもいいかもしれません。
・仕上がり、手触り:これも素晴らしいと思います。カーボンの光沢や表面の樹脂の仕上がりは非常に高級感があります。ただ、脚のカーボン加工に 「ご苦労のあと」のようなものが見られるという点で少しだけ減点ですね。手触りは非常にいいです。外が氷点下という状況の早朝でもさほど冷たくならず、 金属製ノブのように「触っていられない」ということはありません。すぐに体温が伝わり、手にしっとりとなじみます。この「しっとり感」は皮や金属にはない独特のものですね。 官能的と言ったら言い過ぎでしょうか。
・重さ:400g位ある重さの恩恵はシフトフィールの良さに明確に現れています。非常にスムーズで気持ちがいいです。 ノブの重さにより、軽い力をかけるだけで次のゲートに「スッ、スッ」と入っていきます。 純正では自分の手で最後まで押し込むという感覚だったのが、このノブだと、手で少しきっかけを与えれば後はノブの重さで 自動的に入っていくという感覚になりました(手の力とノブの重さのバランスという点で、 もう少し「手の力」の関与が大きい方がいいかなと個人的には思います。) ただ、私の場合、もう少し軽くても(350g程度でも)よかったかもしれません。
また、純正だと4000回転以上の高回転域ではギアボックス内部からの振動が激しく、ノブが手の中で暴れるようになり、 とっさの時はシフトミスに注意しなければなりませんでしたが、このシフトノブでは重さにより振動も抑えられ、 常に正確なシフトが可能になりました。
・いろいろ書きましたが、私が今まで使ったものの中で最高のシフトノブです。
ずっと使い続けたいと思います。素晴らしい商品をありがとうございました。

 本当に丁寧なインプレをお送りいただき有難うございます。一品手作りの、時間をかけた部分に高いご評価を頂き心よりお礼申し上げます。 また、ヘビーウエイト−振動低減−スムースシフトの感触情報も含まれている様に思われ、今後ヘビーウエイトの効果をさらに アッピールしていきたいと思います。

 アクセラ〈2〉
 神奈川県にお住まいのHさん。アクセラにお乗りで、前の愛車以来シフトノブにかなりこだわりを持っていらっしゃる由。 当HPのトピックスの「RX-7(FC)」を参考にサイズ、ウエイト、形状にことさらのこだわりを持ってご注文いただきました。 そして装着後早速、以下のようなインプレをお送りいただきました。

 最初に手にとった感想ですが、思っていたよりも質感が高く、ずっしりと重量もあり、カーボンの美しさ、そして全体の仕上がりも 想像以上のものがあり、大変満足しております。装着後もノブの形状、大きさ、位置、重み、そして内装との調和、 どれをとっても100点に近く、素晴らしい作品いです!

 実際に運転をすると、その良さがさらに分かりました。600gの重量のおかげで、入りが悪かった1〜2速も スムーズになりましたし、どの位置にも「スッ」と入るのが気持ちいいです。かといって実際のフィーリングとして 「シフトノブそのものが重たい」という感覚はないんですね。本当に不思議ですよね。  ノブの大きさについては、最初はもっと細いものを考えていたのですが、適切なアドバイスを頂き、今の大きさに至ったわけです。 この大きさも結果的にはバッチリでしたね。手のひらにジャストフィットです。さすが、素晴らしいノブを数多く作ってこられただけありますね。

 写真ですが、カーボンの美しさ・質感、そしてせっかくのシフトパターンがうまく写りませんでした。(これから注文しようか迷っておられる閲覧者の方々には、写真で判断するよりは、注文して実際に手にとられることをオススメします。このノブのカーボンの美しさは、写真ではなかなかうまくお伝えすることができません) 当方、ノブには結構こだわりがあり、前の愛車時代も含めて、ネットでいろいろ探し回ってきましたがこれまで納得できるものに巡り合いませんでした。もっと早く、貴ホームページにたどり着いていたらなあ、と思います。 もしかしたら、今度は別の形状でまた1つお願いするかもしれません。(お気に入りのノブが複数あれば、時々付け替えてみるのも結構楽しいと思っています)

 丁寧なインプレを送っていただき心より感謝しています。ノブの製作に関しましては当方からのアドバイスは極僅かでして、 ほとんどユーザー様のご意向に沿っております。結果的に大変お気に召していただけたようで、製作者としても心より嬉しく思っています。 ノブの写真は本当に難しいですね、当方で発送前に撮影したものを掲載させていただきます。

 


 狐に包まれたインプレッサーオーナー
 大阪市にお住まいのインプレッサー乗りのSさん。面白いインプレ表現を戴きました。

 商品もちろん届いております。装着済みです。結果としてシフトフィーリングは大幅に向上しました。
しかし不思議です。今までカッキンコッキンだったミッションが、重いシフトノブに交換しただけでなんでこんなにスコスコ入るんでしょうか? まさに狐に包まれたような気分です。
今回は良い物をありがとうございました。素晴らしい商品です。

 確かに、不慣れな車を運転しているような“カッキンコッキン”というような場合もありますね。そんなシフトが 簡単に直ってしまう、まさに狐に包まれたような感じかと思います。
 何故こんなに改善されるか、実のところ当方も分かっていません。ウエイトによる慣性力が関係しているのは確かですが、慣性力がどのように作用する結果なのか ほとんど分かっていません。最近なんとなく感じ始めていますのは、慣性力−振動減少−シンクロメッシュへの好影響の筋書き推定しています。 ただし、理論的根拠を持たない単なる推定に過ぎません。

 フェアレディーZ33
 名古屋市にお住まいのMさん。
   現在市販の450gクラスのヘビーウェイトシフトノブを使用しておりますが、形状・素材共に馴染まず、悩んでおりましたところ貴HPに辿り着きました。 車種はZ33(6MT)なのですがトピックスに出ているスープラ6MTさんに近いもので表面が全てカーボンの ノブ-----のお引き合いをいただきました。

最近開発した涙滴形ヘビーウエイトとほとんど同じお引き合いでしたので、これをご紹介しましたところ即座にご注文をいただき、 装着後、これもまた即座にインプレと画像を送っていただきました。



   昨日無事到着致しました。以下のインプレと装着写真他をお送り致しますので、宜しければHPにお使いください。
自車はZ33前期型の6MTですがミッションの入りが悪く、この部分には大いに不満を持っています。 加えて自分は過去の大怪我の後遺症で左手の力が弱く、入りの悪いミッションでのシフトワークに苦痛を伴います。 それでもMTの楽しさを捨てることはできず、打開策として以前よりヘビーウェイトタイプのシフトノブに着目し市販のものを使用していました。 重さに関しては十分でも形状や質感が馴染めず、今度はその違和感が苦痛となっていました。 直接手に触れるものですので、重量・形状・質感全てにおいてベストを求めている内に偶然貴HPに辿り着き、注文させて頂いた次第です。 到着したシフトノブの梱包を解いて現れたものはまさに理想のシフトノブそのもの。嬉しさがこみ上げてきました。
そして装着後、暫く走ってみたのですが、先ず感じたことはシフトフィールが格段に軽くなっていること。 以前使用していたヘビーウェイトタイプは確かに入りは良くなるものの、「重いシフトノブを扱っている」という感覚が顕著にあり、 操作の際に一瞬ではあるものの大きな力を要していました。今回のノブではこれが見事に解消されているのです。 シフトワークに重さを感じない、これ程嬉しいことはありません。このシフトノブに出会えた幸運を何時までも大事にしていきたいと 思います。

  Z33はデザイン的に本当に洗練されていますので、インターフェイスもベストであってほしいですよね。 というより一定以上のパーフォーマンスがあれば、インターフェイスこそが車の性能であり、車への愛着の起源のような気が致します。

 本革巻き ビュレットタイプ
 当HPに対していろいろな特注ノブの提供が期待されているようです。本格的な革巻きでヘビーウエイトや特殊形状のノブのお引き合いがあります。 お引き受けしたいのは山々なのですが、今までその技術が無かったために、薄手の革の貼り付け製品で我慢いただいていました。 一方、厚手の革の縫合技術も少しづつ身に着けるよう勉強しておりました。
 そんな中、横浜市にお住まいKさんから、形状としては最も簡単なビュレットタイプのお引き合いをいただき、“渡りに船”のようなタイミングでしたので早速お引き受けしました。
 “トピックス”ですから、このあたりで“オチ”のひとつも出そうなのですが、製作もスムースでお客様にも大好評、初めてにもかかわらずオチ無しトピックスになってしまいました。



 Kさんからは“職人さんですか、ハンドルの革巻き加工も出来ますか”等・・・心をくすぐられるような嬉しいお言葉をいただきました。  (ノブ全体としては目指す職人の域にすこしは近づいて来たかと思う反面、個々の技術については本当の職人さんを知りませんのでまだまだと思っています)

 PEUGEOT
 最近の輸入車の普及には目を見張るものがあります。輸入車のデザインをはじめとした独特の雰囲気はやはり一味違いますね。 ところが、ユーザーにとって最も困ることが、輸入車向けのアフターパーツがほとんど出回っていないことです。

 神奈川県にお住まいのSさんもそんなお一人、皮巻き球形ノブをお探しですが、プジョーに取り付け出来るノブは見当たらない。 そんなわけでイモネジ式の革張り球形ノブのご注文をいただきました。
完成したのは写真のノブ。地味なデザインのインテリアに少しアクセントを・・・ということで、脚部は粗めのヘアライン仕上げになっています。



 Sさんからは高いご評価をいただきましたが、当方としましては、 これを機に厚手の革を使ったもっと重厚な“本革張り”ノブの技術を身につけたいと考え始めました。

 アウディS4
 こんな車が汎用的に販売されていると知りませんんでした。ニューヨークにお住まいのAさん。アウディS4用にカーボンヘビーウエイトノブを購入したいとのご相談。 英語は苦手だし、代金受け渡しが大変。そんなわけで、海外からのお引き合いは極力お断りしているのですが、熱心なお引き合い。 こちらもだんだん興味がわき、いったいS4ってどんな車?と調べてみると・・・・なんと300馬力をはるかに超えるハイパーフォーマンスカー、 国産車が280馬力自主規制(?)でなんとなくユーザーが納得している間にいわゆる外車はどんどん高出力化しているようです。 ・・・・にわかに気持ちは一変し、購入していただきたくなり、600g 球形カーボン、左上"R"6速対応で納品いたしました。

折角、リーズナブルな価格で対応しても、送料や送金・為替費用がかなり割高なのは残念ですが、 この種の対応は世界的にも例が無いようで、当HP としても本望かなと思っています。

Aさんから戴いた最後のメールは以下のようでした。

Hi, I wanted to tell you that I received the shift knob. I am very happy with it!
My expectations have been exceeded, you do great work!
The weight of the shift knob makes shifting better and the Carbon Fiber is perfect.

Thank you again and it was a pleasure doing buisness with you.

 ロータス


 以前よりHP拝見して、製作をお願いしようかと思いつつもシフトノブがどうしても外れませんでした。そのシフトノブがようやく外れ、引き合いにこぎつけました。 引き合いの内容は45φのカーボンヘビーウエイトなのですが、LOTUSバッチを付けたいのです。バッチの寸法は12φ、t2mmなのですが、 取り付けスペースを設けたノブは可能でしょうか・・・熊本県のTさんからのお引き合いでした。
 Tさんは“LOTUS ELISE”小僧という[ HP ] のオーナーで、ロータスには極めてお詳しいのですが、それでもなかなかノブが取り外せなかったようです。(結果は10φP1.5mmの単純なねじ込み式)
多少細かな寸法指定がありましたが、バッチ穴を設けることはなんでもないことですので、寸法合わせのためにバッチをお預かりして製作いたしました。
お納めしたのは写真のノブ、その後に戴いたインプレや貴重な情報は、次のようなものでした。

 無事届きました! 細かい注文に応じていただき、感謝しております。元々エリーゼはシフトにカッチリ感が無く、いろいろ改善に努めてきました。 今回、ヘビーウエイトノブも大きな効果があることを実感しました。シフトチェンジが楽になり、 不思議とクイックシフトの様な感触に変化、ポジションもバッチリで、見た目もレーシーになり大満足です!
発注段階でウチのHPでも紹介させていただきましたが、大きな反響ありました。もしかしたら今後同様の発注があるかもしれませんが ローバーエンジンとトヨタエンジンではネジのサイズが異なりますのでご注意ください。前者は10φ×P1.5、後者は8φ×P1.25(*)です。
自分の装着例がエリーゼの方に、“装着できますよ”っという参考になれば幸いです。 うちのHPのモデファイページにLINKを張らせていただくつもりです。

 装着画像やインプレをお送り戴き有難うございます。(一部貴HPの画像も拝借いたしましたがよろしくお願いいたします。問題があるようでしたらすぐに削除いたします。)
ロータスの登録台数からすれば非常に高い装着率になりますが、美しいカーボンの雰囲気がよく似合うようですね。
当方からもリンクを取らせていただきましたのでよろしくお願いいたします。

* 後日、当HPに製作依頼のあった例ではネジサイズはインチネジの5/16のようでしたが、ピッチの方は(24山又は16山/インチ)は確認できませんでした。

 ステージア
 京都市にお住まいのIさん。
 最近、H11式ステージア260RSを購入したのですが、次の2点の問題がありました。
@シフトレバーの長さが長く、追加で入れたインダッシュナビに指が当たって擦過傷になる。
Aシフト操作のグニュグニュ感が心地よくない。
これらを解決するためにとりあえずC’Sのクイックを購入しました。そこでご相談なのですが、
とにかくノブ位置を下げ、シフトの全長を短くしないと指が当たる問題は解決しないのですが、どれほど下げることができますか。 また、グニュグニュ感→C‘S→ヘビーウエイトの場合どのくらいの重量が適当ですかといった趣旨のご質問をいただきました。

 全体としては非常にお答えのしにくい内容でしたが、
ノブトップはシャフトトップ+数mmまで低く(ノーマルよりは軽く10o以上は低く)できること、過去C'Sを入れて重くなったシフトの解決のために 多くの方が600gタイプを購入されて、結果好評であることをお伝えしましたところ、 いろいろ検討され、ステージア260RSが基本的に、動力部・駆動部・伝達系・足回り・制動系など全て33GTRと全く同じであることに着目されて、 TOPICS に出ているGTRの ≪鞘と鍔≫と言う考え方のものと同一のノブ(寸法は独自)のご注文をいただきました。

そして、納品後しばらくして、以下のご連絡をいただきました。
ポジション的、及びシフトフィール的に、バッチリ改善されておりますので、ご安心下さい。
以前にあったナビモニター下側に指が当たると言う流血皮ムケ問題(爆)は一気に解決しました♪ また、クイックシフトとの相性は特に良く、この車をサーキットへ持ち込む予定はありませんが、どのギアにも カッ☆チッ♪(ちょうど ☆ のタイミングでNになります:笑)  と言うタイミングでシフトができるので快感です。タイミングが取り易いと言う点から、シフトミスは格段に減少すると思います。 
・・・・・ 一度、サーキットへ持ち込みたくなりました。(核爆)こんな感じで装着しておりますので、画像ご参照ください。


 当方としては大雑把なアドバイスしかできなかったのですが、“ご納得”の改造が達成されたようで何よりです。

 アクセラ
 

札幌市にお住まいのMさん。
先ほど商品が到着しました。細部に渡る作りこみに職人魂を感じます。カーボン繊維のつやの具合、本物だけあって、さすが、質感がありますね!その重量感も想像をはるかに超えたものでした! 早速、仕事もそっちのけで装着したいところなのですが、さすがにそれは無理なので我慢します。 昨年末に産まれたばかりの子供の世話と仕事の両立で、最近はなかなか自由な時間がとれないのですが、機会をみて取り付けを行い、操作感などのインプレッションを後日レポートさせていただきたいと思っております・・・とメールを戴いたのですが、
 早く付けて走りたい…という気持ちを抑えることはできず、納品された翌朝、仕事前に付けてしまいました。札幌の朝は氷点下となることから、車内でヒーターをつけながらの作業となりました。短時間硬化型のエポキシボンドを買っておいたお陰で、30分程度で接着処理も完了。
実際に通勤で走らせる時にその効果を存分に確かめることができました。
重量級である上に、全高80mmというロング設定のお陰で、今までは辛かった1速、2速のシフトチェンジがかなり楽になりました。指先でつまむようなやり方でもチェンジできてしまうほどスムースに操作できます。
ノブの大きさもちょうど手にフィットしてくれ、上からでも横からでも違和感なく握ることができます。 撮り方の問題か、カメラの問題か、写真では本カーボンの質感がうまく引き出せていませんが、 実際は輝きすぎることなく、控えめに、大変上質な輝きを放ってくれております。さすがはリアルカーボンですね。

 お忙しいところ早々にインプレをお送り戴き有難うございます。多分、“指先でつまんででも操作できるにもかかわらず、ブラブラしないしっとりとしたシフトの動きを感じていただけるのでないかな”と思います。
 画像の方も綺麗だと思います。…が、カーボンの場合如何に手ぶれせずに撮影するかが最大のコツかもしれません。

 ポルシェ
 

 オークションで48φ600gカーボンノブを落札いただいた都内在住のYさん。
 愛車は、91年式ポルシェ911カレラ2 M/T。 (ノブを選びやすくする為にシャフトを改造しているとのことです)

 インプレと装着写真をお送りしますので、宜しければHPにお使いください。

 今回のノブには大いなる期待を抱いていました。 というのも少し事情がありまして・・・私は少し前迄レースをやっていたのですが (草レースですが)、その時には、パワステなし、ブレーキのサーボなし、クラッチのヘルパースプリングなしと、パワーアシストが全く無い車で 走っていましたので、シフト操作の重さなど気にした事がありませんでした。
ある日仕事中に右肘に大怪我を負ってしまい、2度の手術でなんとか回復したものの、肘の力と握力を大幅に失ってしまいました。 当然レースはやめましたが、いきなり車道楽をやめる事はできず、パワーアシスト完備の車に買い替え、休みの前の晩には峠道をそこそこのペースで 走り回っています。
しかしながら、やはりシフト操作が旨くできずヘビーウェイトノブに変更しました。 ギアは入るようになったものの、フィーリング面で違和感があり、色々なノブを試してみたのですが、革巻きの物では重量が足らず、 また俗っぽいロゴがプリントされていて見栄えが良くない物ばかり、それなりに重量のある物では、必ずと言っていいほど金属剥き出しで 感触が良くない物ばかりでした。
充分な重量でありながら、センス良く表面を革か樹脂で覆った物がないものかと探していたところ、ヤフオクで両方を兼ね備えたノブに出会えたのです。

 修理中の車が先々週に戻ってきたのですが、すこし走らせただけでレポートするのも如何かと思い、峠に3回、距離にして900km程 走らせていましたので時間が掛かってしまいました。
 以下、そのレポートとなります。
 私の手元に届いたノブを開封してみると、想像していた以上に重いというのが第一印象でした。取り付けたいという衝動に駆られましたが、 車が修理中のため暫く待つ事に・・・車が戻り、早速取り付けて、翌日いつもの峠に向かいました。 途中の街中や高速で、既にシフト操作感が大幅に変わったことを実感し、内心これは期待できるなと思いながら峠を目指しました。 峠に着くと、まず1往復ゆっくりと下見をし、ハーネスを締めなおして走り出しました。レブリミッターが当たる寸前までエンジンを回してシフトしていきますが、 シフト操作が桁違いに軽い! 以前は腕全体を振ってノブを叩き込む感じでしたが、このノブならそんな大きな動作をしなくても、 簡単にシフトが決まります。そしてシフトダウンも。以前はノブを力任せに引きずり出す感覚でしたが、 このノブは、動き出しは少し抵抗があるものの、一度動き出してしまえば、軽い操作力で次のギアに収まっていきました。
 5往復もすると以前は腕が痛み出していたのですが、今は痛み出すということは全く無く、結局10往復もすることがありました。 翌日も、今までなら1日中痛かったのですが、このノブに変えた途端、少し張っている程度に収まるようになりました。
600gという重量の効果は絶大です。見栄えやフィーリングも非常に良く、このノブは手放せなくなると思います。 このノブに出会えた事を本当に幸運に思います。
HPの方も随時チェックしていますので、 今後また興味深い物を作られたら、またお願いするかもしれません。

 911カレラという最高峰の車に加えて、峠をバックグラウンドとしたインプレッションは非常にリアルで、 また、お気に召していただけたようで安心致しました。画像の方も大変綺麗で、構成、アングル的にも素晴らしいですね。 いろいろと有難うございました。



 コペン(3)
 こんばんわ、先日製作して頂いた香川のHです。
 見積もりを頂いた時点での我が愛車の仕様はボディにメッキラインが入り、サイドにはチェッカーフラッグ、ドア内貼はオレンジ、シートもオレンジベースでした。 そんなこんなの仕様から心機一転し、大人の車を目指すべく進んでいた折、我がコペンにセカンドアニバーサリーが生まれました。レカロシート、革巻きツートンカラーハンドル、 プロジェクター式ディスチャージランプ付きという豪華さ・・・(値段も豪華で20万UP、しかもオーディオレスです)
そんなレカロシートをパーツで取り、取り付けた折、どうしても今までつけていたノブでは雰囲気が合わない、そこでブーツカバー製作と同時に シフトノブのオーダーを出させていただきました。
ブーツカバー、サイドブレーキカバーの到着を待ち装着となりましたが、目論見は見事成功!! 上質、精悍なインテリアとなりました。
 写真を送付致しますので、よろしければHPに御使用ください。

 インプレッションですが、さすが球形50φ、重量700g、持った時の重さたるや想像を絶するものでした。これは危ない、落とすと大変な目にあう、と 余分なインプレまで書ける楽しさです。
お陰でフィーリングも上々、今までの半分の力でスコスコとチェンジ可能。会社のニューミニに乗っておられる方にも絶賛頂きました。



 画像並びにインプレをお送り戴き有難うございます。  ずいぶん手を入れられているご様子で、Copenには相当熱が入っているのでしょうね。  そのCopen、ほとんど本格的なスポーツカーのようですので、シフトフィーリングは特に重要と思います。その意味では今回特注戴いたノブは 高いパーフォーマンスを発揮できると思います。

 RX-7(FC)
 1年半程前に下のTOPICSを掲載させていただいたFさん。微妙なフィーリングや新しい構造を求めて、都合3個の特注ノブのご注文をいただきました。 「近くHPを立ち上げ予定」とのことで、当HPとのリンクのご連絡があり、併せて3個目のノブの画像をお送りいただきましたので、 お打ち合わせに使ったスケッチと一緒に掲載いたしました。
  3個目のノブでは、ノブのホールド感が高まり、デザイン的にも綺麗に収まった他、ブーツとの取り合い部に工夫がされています。 「3個それぞれについてトライした数々の工夫が、如実に成果として現れ、最高のものに仕上がったのですが、 ノブに対する自己の感性が格段に高くなった結果、ノブひとつでもさらに工夫したいことがいくつか出てきています」とのコメント、 そして「もう1回頼んでしまいそうな自分がコワイですね」と結ばれていました。

 1台ごとに異なる車の状態/シフトの状態、好ましいフィーリングが個々人で異なることを考慮すると、 完璧さを追求できるのはユーザー様以外にはできないことかもしれません。ここまで来ますと製作者としてはユーザー様がアジャストしやすい製品を提供するか、 受諾仕様の精度を高くすることが重要と感じています。

 


 (以下は以前掲載のTOPICSです)
 川崎市麻生区のFさん、カーメーカーのデザイン部門に勤務されているとのことで、ラフスケッチとは云うものの綺麗な図面が既に用意されていました。
製作したのはカーボンストレートタイプ、600数十gの写真ノブ。直径の43mmや上部のRには“デザイン部門勤務”の拘りが活かされています。 装着写真とともに以下のようなインプレをいただきました。

 先日シフトノブの取り付けをしました。純正風にインテリアに溶け込んでいるのが最高に嬉しいです。 トップ部分は狙い通りにいったようで抜群の触り心地です。これはフルオーダーでなくては手に入らない喜びですね。感謝です! 写真からも判る通り、カーボンの表面が美しいです。実は今、サイドブレーキのノブもカーボン仕様にしたくてたまりません。ステアリングもです・・・今ちょとヤバイです。 シフトパターンも標準品にはない面にかけて頂きありがとうございます。3のあたりがもう少しキレイに出てると良かったなと思います。 すいません職業柄どうしても気になって・・・。でも、これのおかげで車検もバッチリです。 取り付けに際しては、シャフトを10ミリ程カットして取り付けました。短くなった分シフトが渋くなるはずですが、600gでばっちり入ります。 マツダ車のMTは2速が入りにくいことで有名ですが、ぼくのFCには関係なくなりました! 多分これだけのモノを創るには相当の時間と力が必要と思います。 このシフトノブはこのクルマに乗る限り、使っていきたいと思ってます。

 ご指摘の通り、シフトパターンの3の文字はイマイチでしたね。3〜4回、型をつくり直しての目一杯でした。その後簡単なコツに気づき、 今はバッチリ旨くなりました。・・・遅すぎる!


 インプレッサ(2)
 東京都にお住まいのUさんから、6MT用のカーボン製の球形ノブのお引合い。既にいくつもの実績がありますので、 リバースレバーの逃げ代(内径×深さ)をご確認させていただいて、受注いたしました。
6速の場合、メーカー純正のノブが少しあるのみでユーザーにはほとんど選択肢がないように思います。 Uさんの場合、ほとんど諦めていたところ、Yahoo検索で当HPを発見してのお引合いとのことです。
サイズやウエイトについて、種々ご検討の上、最終的には45φ、450gの脚なしタイプ、シフトパターン付きのご注文。 リバースレバーの逃げ代は球形部に直接設けることになりました。芯出しとウエイト確保に思案しましたが、無事一回で成功、 予定納期で完成しました。(冶具を作って取り組んだのが良かったようです)

 そして、Uさんからは装着直後に下の写真とインプレが届きました。





 早速、取り付けましたので画像とインプレをお送りします。宜しければUPに使ってください。
インプレッサの6MTはリバースレバー式の為、汎用品のシフトノブはほとんどの物が取り付け不可能でした。 専用品も何点かリリースされてますが、どれもイマイチ気に入らず、「仕方がないのでそのまま乗るか〜」と諦めかけていた所、 SSWさんのHPを発見!
「これだぁ!」  憧れの本物カーボン、そして仕上げも丁寧、多様な対応、お値段も手頃。
即日メールを送り、その後2、3回のメール打ち合わせで正式に発注いたしました。

 取り付け後、まず車内の雰囲気が一変、大変良くなりました。純正ノブは形状、グリップ感こそ悪くないものの、 見た目は・・・でした。また、取り付け位置を下げた設定で製作をお願いしたので、かなりショートストロークになった印象です (レバーシャフト全長は多分20mm位短くなったと思います)。ヘビーウエイトも効いているようで、多少渋かった1速→2速等でも スコスコと入り、感触が良いですね〜 
まだ少ししか走っていないので、またレポートさせて頂きますね。今回は良い品物を有り難うございました。

 当方としては、ノブをアップした写真の美しさに何よりも驚きました。見た目どおりに写っていますね。 今まで数百枚以上のカーボンノブの写真を撮っていますが、旨く写りませんでした。デジカメの限界かと諦めていましたが、 ハイレベルな撮影にもう一度挑戦したいと思います。
またのレポートを楽しみにしております。有難うございました。

 S2000(2)
 神奈川県にお住まいのAさんとのメール。

   HPを拝見しました。こだわる人と、要望を理解してそれ以上のものを提供しようとする気持ちが読めたように思いました。 是非作成していただきたく、メール致しました。早速ですが、希望している形に近いのはC6Hの形で、ヘビーウエイト仕様です。 素材はカーボンもすごくいいのですが、ケブラ素材もとても気になっています。現在、某社の革巻きガングリップタイプを 使用しており、それに近い形で考えています。S2000に似合うお勧めのノブはありますか?

 HPをご覧いただき、活動内容について過分なご評価を頂きありがとうございます。特注品につきましては、できる限り お客様のご意向に沿うこと、オリジナリティーの高いものにすることを心がけつつ、ノブのノウハウ?みたいなものが習得できればと 思っています。お手持ちのノブに近いものであれば、カーボンまたカーボンケブラにて検討させていただきますので、 現状のノブの写真またはご希望の形状断面図(スケッチ)をお送りいただければと思います。ただ、私としては、 S2000の場合、球形ノブの方が似合うように思います。

 気になるケブラーですが、具体的にどのような物なのでしょうか。カーボン/ケブラーでの製作は可能でしょうか。 資料や写真がありましたら拝見したいのですが・・・ 

 まずケブラ(Kevla)についてですが、米デュポンで開発された化学繊維で、とにかく強靭でスチールの何倍もの強度(重量ベース)が あり、軽い繊維です。カーボンと異なり、他の繊維と同様、柔軟性があり、完全な布に織ることが出来ます。防弾チョッキに使われることで 有名です。広くは防護手袋などに使われています。車関係ではフェラーリの部品の一部に使われたり、その他の社外部品にも 使われているようです。また、オートバイのレーサーのウエアなどには最適素材のはずですから、きっと使われていると思います。 ただ、染色性が良くないようで、黄色のものしか見たことがありません。
当方で、商品として販売していますのはカーボンとケブラの混織(ハイブリッド)クロス張りのノブです。オークションやHPでは、 “黒豹”として紹介しています。球形と球形/ガングリップの中間形状の二種類を販売していますが、製作に非常に手数が掛かるため、 限定的な販売にとどめています。(HPには黒豹3点セットとしてTopicsに掲載)

 希望の寸法を描いてみました。実寸で計ってみましたが正確ではないと思います。長さは92mmでしたが15mm位短くと思っています。 素材はケブラーを使ってみたいのですが、HPですと少しイメージしづらいので素材をUPした画像はありませんか?

 素材の写真を一応お送りしますが、残念ながら素人写真では質感が表現できません。ノブ形状につきまして、いただきました図面寸法に 近いものの木型写真をお送りいたします。この木型からメス型を作り、ウエイト金属を鋳造し、ご指定の形状に近い ものを削りだすことが出来ます。重量は概算800gが見込まれます。

 取り付けました! 写真を送りますので見て下さい。
手に取った瞬間ずしっと重く、驚きでした。取り付けてみるとシフトフィールも抜群によく、今までは軽い方が良いなどと思っていた常識が覆りました。 800gもあるんですね・・・ 選択したカーボン/ケブラの素材ですが、陽に当たると黄色のケブラが何ともいえない色合いです。 運転しているとついついノブに目がいってしまいます。自己満足の世界でしょうか。ふと気がつくと大きさまでもピッタリで、感心しています。 そして、何よりもこのノブの存在感がとても気に入っています。



 装着画像をお送り戴き、また、過分なお褒めのご評価を戴き有難うとうございます。800gとなると、気になるお客様も多いのではないかと思います。 カーボン仕様なら、製作は比較的簡単なのですが・・・

 アルファロメオ (3)
 二ヶ月程前に特注ノブをお届けした徳島県にお住まいのOさんからうれしいお便りをいただきました。

 アルファ購入後5000キロ走行し、車にも慣れエンジンもトルクがではじめると更なる欲求がわいてきます。ところが、雑誌等でいわれる ところの官能のフィーリングが足りないのです。私は納車時から感じていたシフトフィーリングの改善に着目しました。たまたまネットで見つけた ホームページのシフトへの考察に関心をもち注文致しました。
  その後、制作いただいたシフトノブは週末のストレス発散のドライブに大活躍しております。装着後の変化は絶大なものでした。ゆったりとリズム感よくシフトできるようになり、 それに伴い加速感もアップしました。ワインディングだけでなく、日常走行時も快感がアップし、チョイノリでも運転することが楽しみになりました。 シフトフィールが変わるだけで車の高級感がまるでちがうとは今回すばらしい勉強になりました。この感じは世界で評価されているレカロシートを装着した時に同じように感じましたが、 やはり運転中に直接体がふれる部分は大切ということでしょう。
好みの形状、材質で制作していただけ、もちろんフィッテッングも最高です。私はサーキット走行を行うわけではないので、ノーマルの良さを上品に引き出す モディファイが好みです。今回このシフトを装着したことによってアルファへの愛着が一層アップしました。 「おっ、さすがアルファ! 雑誌に書いてたことはこういうこと。納得!」という瞬間を今まで以上に経験できるようになったからです。
今回の特注ノブはすべてのアルファオーナーにおすすめできるパーツです。
このHPにめぐり合ったことをうれしくおもいます。これからも感動を与えるお仕事がんばってください。
装着画像ができましたのでお送り致します。



ハンドメイドの小さなパーツが欧州の高級車の本質的な性能を引き出してくれるなど、製作者冥利につきますし、レカロのシートと対比戴いたことによって、 より多くの方に感触が伝わるように思います。画像の方も本当に綺麗で、HPがグラビア情報誌的になり訪問者の方々にも喜んでいただけるものと思います。
いろいろと有難うございました。

 アルテッツア


 ヤフオクでお買い上げの場合、評価システムの中で簡単なインプレを戴けるためか、詳細なインプレをお送り戴ける方は皆無でした。 名古屋市にお住まいのNさん、オークションでお買い上げ後、早々にインプレと装着画像を送っていただきました。

 ノブのインプレです^^
 まず最初に一番感じたことは、非常に綺麗で重い・・・ということです。
 指定の2液性のボンドがなかったため、ホームセンターでコニシボンドのサイレックスという無溶剤形・変形シリコーンポリマー100%のボンドを使用しました。
写真のように、ブーツカバーとの隙間をゼロになるように調整して取り付けました。自分で取り付けるため、高さ調整が無段階に調整が出来るのはいいですね。
 TRDのショートストロークを組み込んでいるのですが、アルテッツアの場合、バックギアに入れるときに、叩き入れなければ入りません(他の方も同様の様です)。 それが、なんと!!少し力を入れれば簡単にバックに入るようになりました。また、エアコンを入れているときは、1速になかなか入らず仕切り直すことが多かったのですが、 今回相当改善され、仕切り直しは(イメージとして)10分の1くらいに減った感じです。(他の方も同様かは不明です。 当方ORCのフライホールが入っているのと、使用オイル、機械の個体差により変わると思います。)
 そして、以前からエンジンの振動がノブ等にでて高級感が損なわれていたため、エンジンダンパーで制御していましたが、 それでも微妙に振動が出ていました。今回の、ノブではこれが綺麗に消えてしまいました。
 ちょっと大き目の球体、ケブラの柄・・・そして、極端に重い重量感がとても気に入っています。おもちゃっぽい他のノブを今後付けたいと思うことはないかと思います。
 良い商品をありがとうございました。今後更に、みなさんが喜ぶ良い商品の開発を期待しております。
PS:接着剤は商品にセットすれば、より親切かと思います。

 多大な改善効果があったようで何よりですね。“仕切り直し”が少し残っているようですが、多分、慣れれば(馴染めば)これもなくなると思います。 接着剤のセット組みについても、至急結論を出したいと思います。

 スバル360
 スバル360を所有しています。チョコチョコいじっている最中で、御社のホームページを拝見させて頂き仕事の丁寧さに関心しています。 是非私もお願いしたくメールさせて頂きました。材質はW06 カリンコブ材、形状は45mm 球形、 重さはおまかせ致します。ネジ径を測ってみましたが よく分かりませんのでチェンジレバー本体を送ります。こんなメールが埼玉県のMさんから入りました。

 日本のマイカー時代の草分け的な車のノブが製作できる・・・すっかり嬉しくなってしまいました。
届いたチェンジレバーを見て、又感激。なんとレバー全長にわたってテーパー加工がされていました。 1本1本旋盤工の方が旋盤を挽いたに違いありません。昔の丁寧なものづくりの流れが今日の自動車産業を築いたのかも・・・などなど。

 商品到着いたしました。見事な出来ですね! 私の逸品ですよもう。感激です。機会がありましたらまた宜しくお願いします。
早速スバル仲間に自慢しよーっと!

 こちらこそどうも有り難うございました。感激です。



 インプレッサ
 最初のメールから下図のような綺麗なスケッチを添えてお引き合い戴いたのは静岡県のI さん。



インプレッサを球形のヘビーウエイトに換えたいとのことですが、とりわけ重量350gにこだわりのご様子。標準的なヘビーウエイトノブである450gか600gからの マイナーチェンジでの製作になることと一品製作のブーツハンガーのためにどうしても割高なお見積もりになってしまいました。
革張りかカーボンかも思案の種。金属むき出しとカーボンとでは熱さについてどれ程差があるか・・・回答に困るご質問もいただきました。
いずれについても、本当に気に入ったノブを、妥当な価格で、納得して購入したいとのご意向がよく理解できるお引き合いでした。 結局45φ400gのブーツハンガー付きカーボンノブのご注文。装着後しばらくして、装着写真とともに以下のインプレをお送りいただきました。

 まず重量を測ってみたところ、お願いしていた400gを下回る388gでした。これは私にとってはラッキーでした。スバル車は比較的、1速2速が入りにくく、 ダブルクラッチをしていました。そこでヘビーウェイトノブを使用してみようと考えたのですが、重さ任せにシフトを入れてしまえばミッション周りを傷めてしまうかなと思い、 標準品よりも軽いものを希望しました。
装着してみてたところ、1速2速ともに以前より楽にシフトが入るようになりました。正直、ここまでシフトフィールが変わるとは思ってもいませんでした。 ただ、妥協せずに直径は48mmのほうが良かったかなと後悔もしています(笑)。
  昨日は特注品のネジの再接着のため純正ノブに付け替えていたのですが、やはりシフトフィールがかなり違いました。
純正の場合、てこの原理でシフトチェンジ。特注品は、重さでシフトチェンジという感じでした。また、純正に比べてストロークが実測で約2cm短くなりました。 クイックシフトを入れようかと思っていたのですが、その必要がなくなり得した気分です。



実は当HPのカーボンノブ(ノーマルウエイト、ヘビーウエイト)はインプレッサに最も多く装着されていますが、トピックスに掲載する機会がありませんでした。 商品装着後しばらくしてカッコいいインプレッサとノブの写真を送っていただきましたので、早速掲載のお願いして、快諾をいただきました。筆者自身、インプレッサはその商品特性に 最も惹かれる一台ですので写真の掲載によってをHPが一層充実したように感じています。
尚、お問い合わせ、ご注文にはI さんのような綺麗なスケッチ出なくても結構ですのでお気軽にメールをお願いいたします。

 コペン2
 Copen・・・多分名車に数えられる1台と思います。MiraやMoveで培った駆動性とデザイン、収納式ハードトップ、そして価格、食指が動く車ですよね。
栃木県下都賀郡のOさん、内装に凝っておられるようです。HPに掲載のLeatherノブのブラック/レッドのツートンを逆にしてほしいとのご注文。 Copenの内装にRedが基調のものがあることは知っていましたので、一旦凝ると“そのようなものなのか”と、受注しました。
装着後お送りいただいたのが、以下の画像とインプレ、どこまでがノーマルで何処に手を加えたのか分かりませんが、遊び心がたのしいですね!



 純正のノブよりもふた周り位大きくなりましたが、逆に自分の掌にピッタリサイズになりました。自然に握った感じでかなりしっくりきています。 また、純正品はメッキ仕様なので、冷たい感じがしましたし、汗で滑る事もありました、しかし今回の商品は革製ということで手に触れる感触も優しく操作もしやすいです。
赤/黒の色合いもシートカバーの色合いに近く、他のパーツとも合わせて良いコーディネイトが出来ました。
ATと言う事もありシフトチェンジの感想とかは書けませんが、かなり気に入っています。

以前、ヨーロッパに出張した時、ドイツでダイハツ車(軽のボディー)を結構見かけて驚いたのですが、ダイハツはドイツにおいてかなりの評価があるのかもしれませんね。 だとすると、このCopen、欧州市場も意識いているのかもしれません。Copen vs Smart sports なんて構図が出来れば面白いですね。

 Z3
 少し前のトピックスに掲載させていただいたBMWのYさんが、行きつけの掲示板(BMW関係)にインプレを投稿されました。 その反響はすごく、投稿後の2〜3日で1か月分のアクセスが当HPにあり、多数のBMWユーザーの方からご注文をいただきました。
その中のお一人、東京都にお住まいのKさん、Z3用にご注文と同時にシフトパターンのご相談。シフトパターンは独特のものだけに少し躊躇しましたが、 “特殊なものだけに必要!”と、思い直してシフトパターン付きでお受けしました。
Kさんからはほとんど新品の純正ノブを戴きましたが、そのおかげで、ノブとシャフトの嵌合性の向上や他の品質アップに取り組むことが出来ました。 今後は、ポン付けOKでBMW用も製作できそうです。(いろいろと有難うございました。心よりお礼申し上げます)
下の写真はご提供いただいたZ3とノブの装着画像です。



最近のZ3しか知らない筆者としては、“アレッ”と思ってしまいましたが、相当改造しているとのことです。 確かにじっくり見れば、ロングノーズやキャビンの形状は現行車と同じイメージですね。バンパーなどは相当な年代物のような気がします。
戴いたインプレは、
 早速取り付けましたが、ぴったりで文句のつけようもありません。ところで、当方のZ3は少々改造されておりますが、内装はZ3オリジナルです。以前、キア エラン(ロータス エラン 兄弟車)に乗っていましたが、その際にも 市販のヘビーウエイトシフトノブをつけていました。ヘビーウエイトの効果はわかっていたのですが、今回は嬉しくなりました。
今までは、冷えているときなど特にシフトが渋いことがありました。ところが、本当にすこぶるいい感じです。お世辞でなくて、シフトフィールの差が歴 然としています。感覚的なことなので、誰かに伝えることは難しいと思いますが、これからもがんばってください。

 RX−7 サバンナ
 東京都のTさん。インターネットのハンドルネームから想像すると、相当な“走り屋”さんかサーキットの愛好家の方のような印象。 その方からのお引き合い。

現在に至るまでにシフトノブはヘビーウェイトのみで5本試しましたが、350g付近でなら形状・素材が納得いくものもあるが、重さが不足 500g付近でなら重さは納得するものの、形状、素材(真鍮の色)が不満、諦めて久しく経ってましたが、HPをHITして、期待と希望で胸が膨らんでおります!
で、相談ですが・・・・
@卵型希望。トピックスの「スープラ6MT」さんの形状に近いもの。
その理由は、上部のカーボンの下にステン素材らしきものが見えるトコが凄く渋い。 もしくは上部8割か9割カーボンで、下部2割か1割がステンレス。卵型でツートンが希望。文章では分かりにくいかな^^;
A太い部分で50φ付近
B重量600グラム付近
C上部にシフトパターン

何度かのメールのやり取りで、デザインやサイズをお打ち合わせし、ご希望仕様が固まりましたが、何分当方は完全なハンドメードのため、 どのような形状でも製作が可能な反面、既製部品を旨く使わないとべらぼうなコストになってしまいます。Tさんが注目された、下部のステンレス部品が 確保できていましたので、ご納得いただけるデザイン、仕様、価格でご提案、製作へ。

 Tさんからは次の画像とインプレが届きました。

届きました^^
中をドキドキしながら開けてみると・・・・
凄いですね、凄く質の良さを感じる造りでした。
自分だけのオリジナルというのが凄く嬉しいものです。
シフトパターンも想像と違い彫ってあるだけではないのも高得点でした。
重量がトップ付近にあるのも配慮が伺えました。
形状もほぼスケッチ通りでした。
という訳で凄く満足しております!

取り付けましたので画像を送ります!
シフトフィーリングも雰囲気も凄くいいです!



 実際には、後づけの計器が多数並ぶインパネ周りを含むビッグな画像をたくさんお送り戴いたのですが、ページ構成上、一部しか掲載できませんでした。 お詫びいたします。下の画像は、当方で発送前に撮影したものです。(シフトパターンの画像がピンボケしていますが、 実際のシフトパターンは極めてクリアです)



 デミオ
 埼玉県岩槻市のN氏、すでに他メーカのヘビーウエイトノブをご使用のようですが使い勝手が今イチとのことで “出来るだけ大きくて重い球形カーボンを”とのお引き合い。ご意向に沿って2〜3のお見積もりをさしあげたのですが、 最終的には48φ600gのご注文(このタイプはほとんど標準品として製作していますので、コストパーフォーマンスが良く、 賢明なご選択と思います)。
そして、早々のインプレのご報告とHPへの掲載協力のお申し入れをいただきました。 インプレは以下のとうりですが、このような形でHPの内容がユーザ参加型の情報ファイルとして充実していくのは うれしい限りです!

“今回購入したノブは48ミリと大き目、重さ600gの超へービーウェイト。以前のノブに比べると掌への収まりが良く、シフトの 入り方も600gという重量で少しの力でスムーズにスコッ!と入ります。操作性が大幅に向上し、しかも本カーボンで見栄えも良いです。 カーショップ等で色んなへービーウェイトシフトノブが売ってるかと思いますが、はるかに良い買い物をしたと思います。”

“いい買い物をした”“フィーリングが格段に良くなった”等のインプレを戴いた時の喜びは他に代えがたいものですね。



 キャッツアイ
 キャッツアイ・・・宝石の一種ですよね。車にはやや縁遠い言葉かもしれませんがそんな言葉が使えるノブの製作の機会が訪れました。
神奈川県藤沢市にお住まいのA氏からのお引き合いは、HPのウッドW05の材料で200〜300g、45φの球形ノブ。お車はインテグラR。 お客様も“インパネ回りとは調和しないのはわかっているのですが、どうしても木製のヘビーウエイトがほしくて・・・”とのこと。 ご指定の材は非常に硬くて脆いためウエイト金属を装填するのが難しく、お断りするつもりで、200g程度が限度で納期もかなりかかる旨のご回答を差し上げたところ、 “出来る範囲で進めてくださいとのご発注”。引くに引けなくなってしまいました。(笑い)
ひとつ失敗して、出来たのは写真のノブ。約190g、43φ。添えたメールは“ご指定の木材(パドック)の中でも特別なものを使っていまして、 大袈裟に言えばキャッツアイやスタールビーのような輝きが出ていますが、ご注文の仕様と少々異なりますのでご返品いただいても結構です” そして、A氏からは“こんな木材があることを初めて知りました。大切に長く使いたいと思います”のお返事とお願いしました数枚の写真。 “写真は難しいですね” “人間の二眼とカメラの一眼は全く違うのですよね”等等。



 アルファ セレスピード
 飛騨高山のO氏からのお便り。アルファロメオ147のセレスピードに乗っています。シフトレバーが短くて遠いので、 もう少し長くして、ノブ位置を近く出来ないものかと考えています。市販のエクステンションレバーも検討しましたが十分ではありません。
ネットであれこれ探している内に御社のHPにたどり着きました。
自分なりに考えているのは、
 @シャフトを長くする。
 Aノブはカーボン柄の球状のもの。
イメージとしてはフェラーリのシフトノブ&シャフトです。

ノブのロ−ポジション化、シフトのショートストローク化のご要望はたくさんありましたが、レバーのエクステンションは初めてでした。 確かに、運転姿勢によってはノブが遠くてお困りの方も多いはずなのですが、なぜか今まで引き合いさえもありませんでした。
ご要望はノブ+エクステンションで200mm、「えっ」と思うような長さでしたが、フェラーリは更に長いように見えますので視覚的にも 問題は無さそうと判断し、お受けしました。
気になるのは接続部の固定方法。当然のこととして、レバーはあまり太くないほうが“キマる”でしょうし、 レバーが細ければ細いほど固定部への負荷が大きくなってしまいます。このため、固定は2箇所4点のイモネジ固定を採用しました。
当HPの理論では6点イモネジ固定よりも強固に固定できる構造と考えています。

O氏から装着写真とともに戴いたインプレは

友人が勤務しているショップ(輸入車販売店)に自慢しに行ってきました(笑)。本当にいい感じになりうれしいです。 重さ・長さともちょうどよいと思います。ノブの径はφ50mmでもよかったかな?と思っています。



そして、約1ヵ月後、“来週のアルファ147ミーティングに合わせてφ50mmでもうひとつ製作”のお引き合い。一工程でも失敗すると 間に合わない可能性があったにもかかわらずご発注。お気持ちは理解できますので万全を期して製作、無事ミーティングに間に合いました。 “もし間に合わなくても仕方ないと思っています”のお言葉からは、逆にアルファへの想像以上の熱意を感じました。

 “黒豹”3点セット

 「全てを適える・・・黒豹ショートナックル」の製造No.2のご注文はさいたま市にお住まいの Tさんからでした。ご注文は寸法と断熱構造のオプション指定。
ご注文内容はさほど難しいものではなかったので10日ほどの納期を戴いて、納品完了。
驚いたのはその後。早速のインプレのご報告とサイドブレーキグリップとブーツのご注文。 サイドBグリップはともかく、ブーツまでご注文いただけるとは全く想像外のことでした。 (当方、あわて者で、シフトブーツと思っていたところにサイドBブーツが届き、これにもまた仰天)

できたのは写真のような3点セット。かなり凝った造りになりました。

T氏からは、ユーザならでは貴重なアドバイスとともに、いろいろとお心遣いを戴きました。eメールならでは醍醐味ですね。 改めてお礼申し上げます。

 Supra 6MT
 栃木県下都賀郡にお住まいのKさん。「梱包を解いて商品を手にしたとき、その重さに思わず大笑いしてしまいました」とのこと。
予想外のギャグに大笑いする・・・そんな情景を想像しました。
Kさんは学生さんとのことで、初めての車購入。
にもかかわらず、
“約”450gの標準仕様では飽き足らず、500g“保証”の特別注文。製作したのは 6速リバースロックタイプの約550gの写真のノブ。
(スケッチはメールでの打ち合わせに使ったもの、装着写真はKさんからの携帯によるご提供画像。)


続いて戴いたインプレは、
「皆さんが カキッ から コクッ とシフトが変わったというのが解りました。 Supraは純正でも280gほどと、それなりに重さのあるものだったのですが、 それが倍の重さになるとこうまで変わるものかとうれしくなってしまいました。
シフトノブが重くなることで細かな振動が吸収されてるようで、不快な感じが無くなり、運転がまた楽しくなりました。
卵型の形状も手に自然に馴染みとてもいい感じです。 今度、友達の携帯で最高画素数にて撮ってお送りしたいと思います。」

 Copen
 愛知県半田市にお住まいのH氏。カーボンヘビーウエイト450gノブをお買い上げになって数日後、 「早速デジカメ買いました。コペンに取り付けたシフトノブを撮ってみました。」とのメールとともに一枚の写真。 あまりに綺麗に撮れているで早速掲載致しました(掲載分はかなり縮小、圧縮していますので画質は少し落ちています)。
カタログから撮った車体の写真とセットして掲載しますと、まるでメーカー純正オプション!!
車は近来まれに見る名車、ノブも全く位負けしないですよね!

そして、戴いたインプレ。
「ノーマルはメッキのため、べたっとした感触、カーボンノブはさらっとした感じで本当に気持ちが良いですね。それとヘビーウエイトのため、 シフトするときギアがスコッと抜け、自然にカクッと入る感じです。・・・うまく表現できません。」

コペンを駆って知多半島ドライブなんて、想像するだけでも爽快ですね。
  
 BEAT
 山梨県にお住まいのK氏からこんなメールをいただきました。

製作していただきたいのはフルカーボン・マッハ 、アイテムNO. C6Hです。
で、ここからが重要なのですが、ページのトップでも触れられている、ヘビーウェイトのノブを製作していただきたいのです。 できるだけ重く、、というわけではなく、重さとしては「350g」(正確に350gが難しければ、340〜370g程度)のものが欲しいのです。 今の純正の形状が気に入ってまして、それに近い形がC6Hの形なのです。(私の愛車はホンダのBEATです) 全体が重いのではなく、ノブの上部が特に重くなってるいるものがほしいのです。
球形のものなら、市販でも重いものがあるのですが、ガングリップのような形になると、重いものも気に入るものも見つかりません。 ちょうど内装をカーボン調のシートで貼りなおしていますので、デザイン的にもピッタリ合うと思い、 ぜひ愛車に装着したいと思っております。

で、できたのは完全トップヘビー、ジャスト350gの写真のようなシフトノブ。マル秘のアイディアも少々込めて・・・

aaaaaaaaaa


同氏から使用感に関して次のメールをいただきました。

で、使用した感じなんですが…






















素晴らしいです!!

350gのヘビーウェイトが予想通り、、、、どころではなく予想以上のフィーリングです。
もう、シフトだけ別の車になっちゃったと思うくらい快適です。
もともとシフトのフィーリングが良い車なので、まさかここまで良くなるとは考えておりませんでした。 シフトがあまりにキマるので、ヒールトゥのようなシフトの素早い操作が必要な動作に安心感が持てます。 装着した直後は、街中でやたらとシフトをチェンジし、その度に顔がニヤけました。
形状も非常に気に入りましたよ。 最初慣れるまではなかなかピンとこなかったのですが、慣れれば非常にコントロールしやすいです。
なにより見かけがカッコいいですね。カーボンということプラス、ローポジションになったことで重厚な存在感があります。 シフトブーツの調整もうまくできたので、非常にサマになってます。 ローポジションも全然問題ありませんでした。一番低い位置で仮止めして運転してみたんですが、 あまりに気持ちよいので、このままで変更する気になりません。 表面の加工も良い感じにグリップしますね。今回のものは、私の好みのものでした。
社交辞令などではなく、本当に文句のつけどころがない、 私にとってイメージ通りのシフトを製作していただきまして、まことにありがとうございました。 製作をお願いして本当によかったです。大変満足しております。
(メール文章はK氏のご了解を得て掲載しています)


 ウッド−−ヘビーウエイト!
 こんなメールが入りました。
ヤフオクから流れてきました富山のmuraといいます。 何度となく、ノブを交換しては見たのですがなかなか気に入った状態にはならなく悩んでいたところに天の助けです! 以下のようなノブの製作は可能ですか。
1)   少し明るめな木製  (No.04Wが近いです)
2)   重量は300g前後 または、以上 
3)   形状は添付画像に近い物 。 重量を上げる為の形状変更はかまいません
     こちらの希望は、あくまで希望という事で貴方の感性にお任せいたします。

今から、ドキドキ、ワクワクしています・・・年がいもなく恥ずかしい限りです。(笑)
完成真近と聞いて喜んでいます。
重量のあるウッド製では業界初なのでは?
ウッド派の福音になります・・・私がよく行く掲示板に話題に上げたいと思います。
趣味は多彩でいろいろ、細々とバカをやっております。(笑)
ヤフオクに出品の“黒豹”のことが頭から放れません。大変綺麗なヘビーウエイトノブですので、こちらの方も購入したいと思います。
等々、経過連絡やら世間話。

お受けしたものの自信は全くない。うまく加工できない。もう少しのところでせっかく刳り貫いたものがひび割れてしまう。そんな失敗の繰り返しでした。 幸いなことに、ご指定が“明るめ目の木製” だったため、今まで使ったことのない材に挑戦、これが功を奏して無事完成。できたのは写真のようなノブ。その出来栄えに ・・・ニンマリ。
そしてお客様からは装着写真とともに、以下のコメントをいただきました。

ノブの重さを計ってビックリです・・・400gもあるではないですか。 重いな〜と感じてはいたのですが、すぐに取り付けたので分かりませんでした。
お蔭様でウッドの操作も見た目もGOODです(^o^)
今まで、木製にこだわって、色々な形状を試したのですがシフトの感じが いまいちでした。最後は純正に戻ってしまうのです。
原因が重さにあったことを今、実感しています。



 ショートストローク
 “シフトレバーをカットしているためノブ取り付け用のネジがありません”・・・こんなお話が結構あります。 シートポジションが低いスポーツ車では、“無用の”というより操作ストロークが長くなるだけマイナスと感じることも確かに多いですよね。
この方は、レバーは残りは50mmしかないので、それに合う球形カーボンをとのお引き合いでした。 球形ノブに脚をつけて、サイドからのイモネジ固定になるわけですが、適当な部品の準備がない・・・・
が、まあ何とかなるだろうと少し余分に納期をいただいて受注。その気になって探せばそれなりに見つかるもので、部品は無事入手。 初めての経験故の多少の製作上のトラブルはあったものの、納期内に完成。

商品が到着した当日に、お客様からは次のようなインプレとともに(宣伝にでもなればと一言添えて)装着写真までを送っていただきました。
お車はMR2とのことです。
(有難うございます。心よりお礼申し上げます。)

今朝、シフトノブ到着しました。早速取りつけて走行してみたのですが、 大きさ、重さ、そしてもちろんルックスも最高です!
ヘビーウエイト仕様で注文したわけではなかったので重さは特には期待 していなかったのですが、これまで使用していた樹脂製の球形ノブとは 比較にならないくらい慣性力が働いて3→2へのシフトダウンなどが断然やりやすくなりました。
固定方法などの細かい仕様変更にも快く応じて頂いて、本当にありがとうございます。



 Type R
 Type Rのご注文です!! とはいっても、「Type R の形状のノブをカーボン/ヘビーウエイトで製作してほしい」とのご依頼でした。
当方としてはノブを「創作」しているつもりですから・・(多少生意気)・・「形状のコピーは致しません。Type R 的なノブについては、暖めているアイデアがあるので、 それならお引き受けしたい」と我侭をお願いしまして、無事OK。
Type R のウエイトと少し特異な−それゆえにスポーティーな−形状はある程度引き継ぎながら、多少スリッピーで、金属ゆえの冷たさ、熱さを大幅に緩和するノブを提案しました。
製作は、当方の判断に任せていただいた上、見本のノブが送られてきました。暖めていたアイデアは、カーボン、三層構造、エッグシェイプ、ヘビーウエイト。 それなりに手数のかかるノブでしたが、満足の一品でした。
この方からはサイドブレーキグリップのカーボン加工も同時にご注文いただきましたが、簡単に思えた張り加工に予想外の時間がかかってしまいました。 できたのは写真のようなノブとサイドBグリップ。(お車はBEATです)
その後、グラスFRP製のトランクへのカーボン張り加工のお引き合いをいただいていますが、グラスFRPとエポキシカーボンの相性があまりよくないため、 商談は中断中。
(どなたか良いアイデアをお持ちではないでしょうか?)

  


・・・そして半年。オリジナルのアームレストへのカーボン加工のご依頼。納期は問わないとのことでしたので合間合間に約1ヶ月掛けて製作。 なるほど、これがあればずいぶん高級感のある“自分だけのお城”への変身は確実!
戴いたご評価は“ いい仕事してますね! ”・・・どこかで聞いた言葉ですが、やはり嬉しいものですね。

 レビン
 “手に取ったとき、一瞬にして虜となってしましました” このような書き出しでインプレをお送りいただいたのは三層構造カーボンストレートヘビーウエイトノブをご注文いただいた金沢市のWさん(大学生)。 そしてインプレは以下のように続きました。(長文のため、文意に沿って短縮させていただきました)

 製作を依頼した時から、もうずっとドキドキのワクワクでした(笑)。そして重量が予定より100gオーバーしたことを知り、さらに心が躍り、 到着を心待ちにしていました。梱包を解いた瞬間、そのフォルム、重量、美しさに一瞬にして虜になってしまいました。 いざ取り付けて走行してみると、1→2、3→4の縦の動きは勿論のこと、3→2、4→5の横の動きがとてもスムーズになりました。 特に前記の横の動きではバネの抵抗があって、それが気に入らなかったのですが、今回のノブでは、 抵抗感は気にならないほど僅かになりました(ノブの重量が助けてくれている、という感じでしょうか)。
このシフトフィーリングを実感した今、“もう純正には戻れない”と感じています。友人からの評判も良く、 本当に良いモノを買ったと満足しています。
 私にとっての車は、自分の部屋以上の「自分だけの空間」なのですが、その空間に自分しか持っていない(もしくはそれに限りなく近い)物があり、 そのパーフォーマンスを享受する幸せ・・ほとんど快楽に近いかも知れませんね、、、、 市販品ではこの幸せを感じることは決してなかったことと思います。

  多くの車好きの方同様、Wさんにとっての車は単なる道具ではなく、気に入ったジャケットやジーンズの様にもっと体に近い、 嗜好品のような存在なのかもしれませんね。車に対する熱い想いがその表現から感じます。
製作者自身も、その車が本質的な高い機能を有する限り、車の新旧に関係なく、いつも最大の愛着を感じています。
 


 カプチーノ
 「カーボンではなくメタリックな球形ヘビーウエイトノブを製作してほしい」とのご相談がありました。
???・・ショップに行けば購入できそうなのに何故かなと、よくお聞きしてみると、 究極の重さと究極のローポジションをご希望とのこと・・・納得。
以前から一度製作したかったタイプにピッタリの内容。早速、外装は高級ステンレス鏡面仕上げ、内部はウエイト金属の予想重量約650gの スペックをご提案、即座にご了解頂き、製作したのが次の写真のノブ。
ウエイトはお約束の重量より5%ほど少なくなってしまいましたが、ルックス、機能、ポジションとも高評価を頂きました。
お願いしました装着写真も即座にお送り頂き、恐縮と共に、感謝しております。
ヘビーウエイトは1速、2速のフィーリング改善に特に効果が高いようですし、ローポジションやショートストロークには必須要素のようです。



 ルノーキャトル
 熊本県のY氏、90年型キャトルを70年代風にカスタム中とのことで、シート、ハンドルの交換に続いてシフトノブを検討中。 インパネの下部から水平に突き出てL字に曲がる特殊なシフトレバーのため、交換できそうなノブは全く見当たらないとのことで特注のご相談。 同時にこのシフト操作は前方に押し込む動作があるにもかかわらず、純正ノブにはそのための配慮が全くないことに少しご不満の様子。



あまりに特殊なシフトのためにご遠慮されたのか、特注のご希望内容は結局、材質(パープルハート)と色合いと、あとは当方の“勘”でということに・・・
当方としても全く見たこともないシフトだったため、1週間以上思案した後にノブの下半分は“押し込むための第二のノブ”という思考に至りました。出来たのは写真のウッドノブ。 下部にも丸みとボリュームを持たせています。多分、下部にもっとボリュームを持たせたほうが合理的なのですが、デザイン的に冒険し過ぎない範囲にとどめました。
そして商品到着直後に戴いたインプレは“本当にあでやかですね!”。装着直後には10枚近い写真を送っていただきました。
以来、この車を知ったわけですが、HPにはそれなりの情報があるようですし、TV番組でも気が付くようになりました。 なかなかの車のようですのでどこかの街角で実物を見たいなぁと思っています。

 


 シビック
 北海道北見市のUさん。現在お乗りの車の買い替えも考慮して汎用性があって、カッコいいノブをとのお引き合い。誰しも望むことですが、きわめて難しいご希望。 そのためか、メールのやり取りが最も多いお一人になってしまいました。 最終的には汎用性重視で、イモネジ式に。
商品をお送りしてしばらくすると簡単なインプレと一枚の装着写真が届きました。製作した商品はあたかも別物のように写っていましたので 理由をお問い合わせしたところ、改めて以下のインプレと写真が届きました。(画像は携帯による撮影とのことです)

まず、シフトノブの使用感ですが、やはり重いだけあってスコスコと入ってくれるのが良いです。 いままでは冷えているときに2速が入りづらかったのですが、それも改善されました。 ただ、私は重いノブが好きなのでさらに重い(ついでに大きい)ノブでも良かったかな?と思います。
シフトフィールの改善の他にもう1つ良い点があり、冷たくて触れないということがなくなりました。 私の住んでいるところは冬の夜だと気温が-20°くらいまで下がることがあり、今までの金属製のノブだと触れなかったのですが、 今はちょっと冷たいかな?位で済みます。反対に夏は熱くて触れなかったのですが、このノブなら大丈夫そうです。
ノブの下部を加工して取り付けていますが、これはズバリ見栄えです(笑)。レバーが丸見えでかっこ悪いため、 本当は鍔付が良かったのですが、イモネジでの固定が無理ということで自分で作りました。 せっかくなので?6速風です。カッコ重視ですが、使ってみるとリバースのリング (をまねたもの、ちなみにナベのふたのツマミを加工してます)の上にちょうどいい具合に指がかかって意外に使い勝手も良いです。



今後パーツの製作に困ったときは鍋蓋のツマミも検討したいと思います(笑)。

 シーケンシャル
 “HPのC6Hと同じ形で、150gのトップヘビーのノブを作ってほしい”、“シーケンシャルシフトを カーボンに変えたいので正確な重さで作ってほしい”とのご相談がありました。
てっきり、純正品のウエイトと同じにするためのご指定かな?と思っていますと純正品は105g、ご要望は150g。
製作上は何ら問題はありませんので、お引き受けしました。
後日、以下のようなインプレと装着画像が届きました。(お車はストリームです)


使用の感想ですが、「かな〜り、いい!!」ですね。
私自身、オートマモードはほとんど使わず、もっぱらシーケンシャルモードで運転します。 ところが、シーケンシャルの感触が、どうも「オモチャっぽい」のが気に入りませんでした。 HPで“オーダーメイド”ができることを知り、お願いしたわけです。
ノブを上下方向に動作させるタイプのため、ウエイトについては いろいろと思案しましたが、今回の150gは調度良かったようです。
「クチ・クチ」あるいは「チッ、チッ」といった感じのシフト操作が、 「コク、コク」と小気味いい操作感に変わり、大いに満足しています。
 デザイン的にも、意向に沿って製作頂き、かなり気に入っております。ディーラーのセールス・メカニックにも見せましたが中々好評でした。




 リバースロック
 ヤフオクで“黒豹”ヘビーウエイトノブをご覧になった兵庫県のN氏からのお問い合わせ。  アルファ156用に、イモネジ3点で留めるようにできますか。イモネジ3点で留める方式のアフターパーツは、何点か発売されています。しかし、御社のようなクォリティーの高いものは見たことがありません。 是非製作していただきたく思い、メールをした次第です。

 ご意向に沿った対応をさせていただきます。3箇所イモネジとなると長さ10mm程度の脚(台)必要です。 パーツ入手に少し時間がかかるかもしれません。いずれにしましても、シャフト上部の形状、寸法につきましてできる限り詳細にお知らせいただければと思います。

 本日計測いたしましたが、シャフト径10mmが若干怪しいです。これで製作できますでしょうか?

 いただいた寸法に基づきスケッチを描きましたが、寸法的に会わない部分があります。 再計測いただけますか?

 再計測しました。リバースロックは外径31.5mmで、11.5mm上下に移動します。 シフトノブの下部の内径は34mmです。シャフトの直径は、10.2mmあり、 リバースロックの戻りスプリングがついています。最終の図を元に製作下されば、幸いかと思います。

 その後、ノブのほうは快調に使い込んでいます。本当に良い製品を、ありがとうございました。メールが遅れた最大の理由は、シフト&ハンドブレーキブーツにあります。 イタ雑あたりで、市販品を買えば済むのでしょうが、デザイン・質感共、シフトノブに合う物ではないと判断し、「なければ、作ってしまえ」と思い、自作していたためです。 一応シフトブーツは、デザインも変えてあります。HP「シフトノブコレクション」で、取り上げていただければればと思い、画像送付いたします。

 斬新なブーツの色合いはちょっと思いつかない色合いで、本当に綺麗ですね。 写真のほうわざわざ有難うございます。是非トピックスに掲載させていただきます。


 スカイラインGTR
 誰しもが悩む球形ノブとブーツのコーディネーション。純正ノブを球形ノブに交換するとブーツとの間に大きなクリアランスが発生してしまい、シフトレバー全体のデザイン的な一体感が損なわれる傾向があります。 このことに悩みながら、球形、カーボン製、ヘビーウエイトのノブをスカイラインGTRに取り付けたいとのご相談をいただきました。
かなりのメールをやり取りする過程で、《鞘(さや)》と《鍔(つば)》という新しい アイデアが生まれました。即ち、ブーツからむき出しになって、弱弱しく見えるシャフトをステンレス製の鞘管でカバーする一方、ブーツとの取り合いをカーボンの鍔でルックス的に接続するという手法です。 特別注文としてスカイラインGTR専用に製作しましたが、この手法であればどんな車種にでも採用できますので同じ悩みを持つ方には朗報です。

  


 アルファロメオ
 京都市にお住まいの某氏のアルファロメオ。世界で最も美しいインテリを持つ車かもしれません。そんな車のセレクターノブを加工させていただきました。 打合せのためにわざわざ鎌倉までいらっしゃるご意向でしたが、当方の旅行日程とうまく合致し、京都で打ち合わせ。 未経験形状のために、絶対的な仕上がり保証ができないにもかかわらず、製作を任せていただきました。 結果はGoodで、引き続いて、さらに高度なスペックのノブまで発注いただきました。

  



 ヘビーウエイトノブ
 ヘビーウエイトノブの注文がたて続けに3件入りました。内2件は“できるかぎり重たいものを”と言うことで、45mmの球形ノブで、理論的に最大重量となる約500gで打ち合わせ終了。 製作してみて、その重さに驚嘆。何気なく持ち上げようとすると、それはあたかも置かれた場所に接着でもされているかのような感触です。製作中は大いに気を遣いました。床の上に落とそうものなら、 大轟音は間違いないし、フローリングは大ダメージ。足の甲なら場合によっては病院へ・・・といった迫力です。
ご注文はカーボン2件、本革張り1件でした。それにしても3件も続くというのは、“ヘビーウエイト”が何かのメディアで取り上げられたのかもしれませんね。


DIY
 当ホームページで「DIYセット」をお買い上げ 戴いた方から、数枚の写真とともに「完成」のご連絡を戴きました (下の写真はそのうちの1枚です)。今まで、「DIYセット」のお客様からこのようなご連絡はいただけませんでしたので、 気に入ったノブに仕上がらないのかなぁ・・・等とぼんやり考えていた矢先でしたので 少し驚きでしたが、写真を拝見して2度びっくり。MTでは丸いノブが常識と思っていましたが、T字型になっていました。
写真を眺めながら・・・・なるほど!!!!   素晴らしい出来映えの自作と思われる本木製のインパネとの調和を 最重視されたようです。それと、ゆったりとしたドライビングの時には左手のやり場に少し困ることも多いのですが、 ノブの上面がフラットですと絶好のレストポイントになるように思います。
それにしても、このインパネには並々ならぬご努力が窺がえますので、一生ものになるのかもしれませんね。

  


 VOLVO
 VOLVO V90にお乗りの東京のお客様から、サイドブレーキのグリップの特注の相談が有りました。
難しい製作になりそうなのであれこれ検討していますと、なんと、サイドブレーキ丸ごとと、木目の見本用に灰皿が送られてきました。
これには仰天しましたが、製作意欲が一気に盛り上がりました。
完成品のでき映えには、大変お喜んで頂けたようです。
(下の写真は完成品の写真です。根元の黒い部分は樹脂製のブーツ内に納まるように、薄くて強靭なカーボンで製作しましたが、ここが製作上のミソでした。グリップ本体はバーチ(白樺)のコブ材です。)

後日、お客様から取り付け後の写真を送っていただきました。全体的に若向きでモダンなウッドの使い方は、 新しいウッドインテリアの流れを感じさせます。

 S2000
 鹿児島のお客様からは、特注ノブのご注文を頂きました。
レザーノブのデザインをS2000のインテリアに合わせて・・・というものでしたが、
何度かのメールで上手く意思疎通ができました。そして大変勉強させていただきました。
お客様には85%くらいのご満(?)足を頂いたかな・・・

 バードカービング
 熊本でバードカービングやナイフのシース/グリップの
製作をされている方から
銘木材のみのご注文を頂きました。素晴らしいセンスをお持ちの方で、小物入れの製作用とのことです。

 フェアレディ&アルテッツア
 アメリカではフェアレディ用に、オーストラリアではアルテッツァ用に
当コレクションのカーボンノブを使っていただきました。日本語HPでも見て頂けるようです

 ポルシェ&メルセデス
 なんと! ポルシェ911ターボとベンツを所有する埼玉の方から、 当コレクションの銘木製ノブが、お持ちの高級車の純正ノブと同等の感触を持っているとの嬉しいメールを頂きました。
お買い上げのチーク製のノブはキャンピングカーに装着されたそうです。

 ランチア
 最初の際立ったお客様は、ランチア「テーマ」にお乗りの東京の写真家の方でした。
突然、HP表示の住所にいらっしゃったのですが、 「担当者が不在(?)」で応急の対応しかできず、大変失礼致しました。
パドック製のノブをお買い上げ頂きました。


[TOP PAGE(TOPICS(5))]  [ TOPICS(4)]  [ TOPICS(3)]  [ TOPICS(2)]   

 [TOP PAGE]  [ WOOD KNOBS(1) ]  [ WOOD KNOBS(2) ]  [LEATHER CORNER]
[CARBON GALLERY]  [DIY CORNER]

ご覧になりたい項目をクリック

お問合せ、お見積り、ご注文はこのメール [ MAIL ] をご利用ください。